読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんがいこどく

社会不適合者だけど頑張って働いてます

【クイズ】本当にイジメられている人間は誰か?

f:id:nayamerumono:20170308114248p:plain

「弱いものイジメは許さない」この考え方は正しいし、素晴らしい。

だけど、弱いものの基準と言うのが時と場合によって違うため、実際には弱いものイジメを毛嫌いしている人ほど熱烈に弱いものイジメをやっていたりする。

 

こんな事件があった。

以前、とある芸能人が大金を稼いでいるにも関わらず、家族に生活保護を不正受給させていた(仮にAとする)。

法律的に違法にはならないようだが、市民感情としては許されない。

当然のようにAはツイッターなどでバッシングされた。

で、Aも反撃し、自分を叩いている一般人を攻撃した。

それもまぁかなり人を傷つけるような言葉で。

 

当然、そういった態度はネット民のさらなる反感を買い、バッシングの火に油を注ぐ形になった。

Aを慕う同僚達は、Aを叩くネット民を相当きつい言葉で罵倒した。

その後芸能人はさらに叩かれ、会社から反省を促されたことにより、記者会見で一連の騒動を謝罪した。

その騒動を見て、ビートたけしはこうコメントした。

「不正受給するぐらいなら、バイトしろ」と。

 

さて、この件でいじめられた「弱いもの」は一体誰だろう。

生活保護の金を受け取りバッシングされたAだろうか、それともAを攻撃していたネット民であろうか、Aを庇うことで株を下げたAの同僚だろうか、正解は・・・

 

正解は、Aのやったことに対して密かに腹を立てていたサイレントマジョリティである。

Aの不正受給は税金泥棒だからイカンと思いつつも、Aをことさら叩くのもよくないと思い自重し、Aを庇う同僚の気持ちもまぁわからんではないとは思いつつも彼らの罵倒に傷つけられたサイレントマジョリティである。

こうした節度ある考えを持った人間が、最も全方位的に傷つけられるのである。

 

何かしら炎上事件などがあると、コメンテーターを担っている芸能人は言う、「全てはネットの素人が悪い」と。

そして、彼らはネットの素人ならいくら罵倒してもいいと考えている。

私だってネットにいる素人の一人だが、炎上した芸能人についてアレコレ罵倒した覚えはない。

にもかかわらず、彼らは私のようなネット上のサイレントマジョリティを攻撃してくるのである(被害妄想かもしれないが)。

 

なんかね、悪口言ってる奴の悪口ならいくら言っても良いみたいな風潮ってあるじゃないですか。

その風潮にあぐらをかいて、一般人をボロカスに叩く著名人の多いこと。

そんなの正しいわけないんだけど、世の中大半の人間はバランス感覚とか洞察力がないので、極端な事をいう著名人に騙されやすいんですよ。

テレビとかラジオでただ極端なことを言って他人を罰しているだけの人間なのに、なぜ「あの人はメディアで本音を言ってる」とか言って持ち上げてんのか。

なんだろなぁ、ほんと。

 

彼らは地位も金も充分得てるんだから、自分より恵まれていない人を罵倒するのはただの「弱いものイジメ」であろう。

しかも、「炎上商法」という形で金までもらってるんだからな。

売り言葉に買い言葉というケースもあろうが、他人を罰する前に、自分の持っているパワーについて一度よく考えてみてほしい。

ただのパワハラになってやしないか?

 

「俺に芸能人を庇わせろ、俺にネット民を叩かせろ」としゃしゃり出てくる「ご意見番タレント」の多い事。

マジでうんざりさせられる。

テレビなら見なければ済むのだが、ニュースサイトとかまとめサイトとかでやたらと「だれそれが炎上中」とか貼られているから、見たくなくても知らされてしまうんよなぁ。

 

たけしの「不正受給するぐらいなら、バイトしろ」という言葉から察するに、たけしはメディアを懐疑的に見つめているサイレントマジョリティの気持ちがけっこうわかってる人だと思う。

さすがに頭良いよなぁ。

 

いや、今回の記事は書いていて自分でもよくわからなくなったんだけど、私が言いたいのは「こっちは慎ましく生きているのに、見当違いの正義を振りかざして勝手に我々サイレントマジョリティを加害者に仕立てて罵倒してくるなよ」ってことです。

上手く書けないもんだなぁ・・・