読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんがいこどく

社会不適合者だけど頑張って働いてます

コンプレックスという宿便を洗い流す方法

f:id:nayamerumono:20170315202533j:plain

自分を不幸だと思い込んでいる人間は、いつしか不幸のチャンピオンを目指すようになる。

実際に不幸王者になれれば大したものだが、大体は金が無いだけの中途半端に地獄を抱えたショボい存在になるだけだ。

 

いやね、とある人が自身のコンプレックスでずいぶん落ち込んでいたので、励ましてみたんだけど、「あなたは恵まれてるし優秀だから俺の気持ちがわからないんだ!(大意)」みたいなキレ方されたんですよ。

このブログを読んでる人はわかると思うが、私は全然恵まれてないし優秀でもないですよ。

何しろ病人なわけだから。

「私の方が恵まれてないぞ!」と逆マウンティングをするのは不毛である。

 

私はただ、精神病の人間でもかくあるべき努力はすべきだし、かくあるべき楽しみは持つべきだと思うから、テキトーに頑張ってテキトーに遊んでいるだけなのです。

際限なく辛い辛い言っててもしょうがないからね。

 

彼のように「不幸チャンピオンを目指してしまう人間」には決定的な特徴がある。

それはロクに音楽を聴いていないということだ。

JBやマイルスやラキムやCKBのようなタフな音楽をたっぷり聴いて体内に吸収しておけば、いざという時彼らが自分の代わりに戦ってくれるのである。

つまり、勇気になるわけだ。

腹を掻っ捌いた時、宿便のようなコンプレックスがドロリとこぼれるような、そんな人間になってはだめだ。

体の中を常に音楽でパンパンにしとけ!

音楽を信仰していない人間はどうも信用できない。

 

JAMES BROWN - 『Cold Sweat』